バンパー

事故を起こした車両がもっとも修理する箇所が、バンパー部分の修理といわれています。
対物事故でもバンパーをぶつけるケースが多数あり、その為にバンパーの修理も多くなってしまいます。
バンパー部分を傷つけたら、修理費はどのくらいかかるのでしょうか。
バンパーにダメージを与えたといっても、キズの程度やどのくらいへこんだかはピンからキリまであります。
バンパーを丸ごと交換する必要がある場合もあれば、塗装や板金だけで修理が終わる場合もあります。
バンパーのキズを補修しないでいると、キズの部分から塗装がめくれて広がっていくかもしれません。
バンパー全部を新品とチェンジする場合と、塗装やキズ・へこみを直す修理とでは価格的に大きな違いが出てきます。
愛車のバンパーだけを全部替える処置をする場合は、依頼した会社によってまちまちですがおよそ15万円くらいは必要だと思われます。
ちょっとのキズやくぼみを修復するケースでも、35000円程のお金がかかるでしょう。
いうまでもなくこの価格は国産車オンリーの話ですから、外車ではなお高価になります。
フロント回りには金額の高い部品が多くあるので、結果的に値段にはね返ってくるというわけです。
専門家にバンパーのキズなどの状態をみてもらって、見積もりだけを依頼することもできます。
車の修理にかかる額によっては自動車保険を活用した方が得になるケースもあるので、専門家に相談してみるようにしましょう。
どうあれ小損傷だとしても何もしないというのはまずいので、早めの修理を心がけましょう。

車の修理